民主党政権3年3か月の研究

悪夢でした。二度と政権をとらせてはいけません。だから記録します。

2019-01-29から1日間の記事一覧

■自衛隊は暴力装置

仙谷官房長官は、東京大学在学中、学生運動に傾倒するも安田講堂事件では外部からサポートする「弁当運び」と呼ばれる役だった言われています。「四列目に男」と呼ばれた菅直人氏と相通じるものがありそうです。5年次在学中に司法試験に合格、中退するほどの…

◇問責は参議院で可決

しかし神風は吹かず、仙谷幹事長、馬淵大臣に対する問責決議案は、26日提出され参議院で可決されます。ねじれ国会が、効いています。FNNニュースです。 自民党、仙谷・馬淵両大臣に対する問責決議案を26日に参院提出へ 可決は確実な情勢 自民党は、尖閣諸島…

◇「北朝鮮の砲撃は民主党にとって神風だ」

まずは、J-CASTニュースの記事をご覧ください。 「北朝鮮の砲撃は神風だ」 「民主幹部が発言」報道 2010/11/24 20:58 ・・・(略) 23日14時半すぎ、韓国が黄海上の軍事境界線と定める北方限界線(NLL)から約3キロにある韓国西部の延坪島に、北朝鮮側から砲…

■仙谷官房長官、馬淵国交相に問責

2010年11月、尖閣諸島中国漁船衝突事件の菅政権の対応に関し、自民党をはじめとする野党は、仙谷官房長官と海上保安庁を主管する国土交通大臣の馬淵澄夫(衆・奈良1区)氏に対する問責決議の提出を決定します。 が、これが一筋縄ではいきません。先の参院選…

■はやぶさの帰還、蓮舫氏の二枚舌と破たんした事業仕分け

「偉業は国民全員が誇るべきもの。世界に向かって大きな発信をした」 2010年6月13日、地球と小惑星イトカワを往復飛行し、地球の成り立ちを解き明かすサンプル採取という世界初のミッションをなし遂げた“はやぶさ”が地球へと帰還しました。その時の民主党政…

◇売国奴とヤジをあびる菅総理

「売国奴!」「辞めちまえ!」 2010年の大相撲九月場所、菅総理が自ら土俵にあがり総理大臣杯を授与するその時、会場から「売国奴!」「辞めちまえ!」などのヤジが飛びました。放送では、NHKが音声操作によりごまかしていたので聞こえなかったと記憶してい…

◇中国の狙いは、官邸と外務省の分断

この事件は中国が日本に対する属国化のテストのようだと先に述べましたが、こんな記事を見つけました。面白い視点なので最後に紹介させてください。雑誌サピオからです。 菅首相・温家宝首相の会談直前に中国が前原外相に仕掛けた罠 2010.11.17 10:00 横浜で…

◇sengoku38氏の正体

さて、犯人捜しのスタートです。 2010年11月9日YouTubeを運営するGoogle日本法人から差し押さえたアクセスログより、投稿は神戸市内のネットカフェから行われたことが判明します。。 2010年11月10日神戸市にある第5管区海上保安本部の海上保安官が流出させた…

◇ビデオの流出、sengoku38氏の登場

2010年11月4日21時頃、YouTube上に「sengoku38」のアカウント名で、6分割された計44分の衝突時の映像がアップロードされました。翌日5日の未明から海上保安庁は調査を開始、メディアからの取材に対し海保関係者が映像が本物であることを認めます。 削除され…

◇ビデオの隠蔽と錯綜する情報

その後も管政権は、頑なにビデオの公開を拒みます。 ビデオを見てしまったから言えることですが、ビデオが早い時点で公開されていれば、船長の釈放はなかったはずですし、もしかしたら株式会社フジタの4名の拘束も防げたかもしれません。民主党政権は、それ…

◇そんな最中、ゴルフしていた議員

週刊新潮12月9日号が、尖閣諸島中国漁船衝突事件で日中関係がぎくしゃくする最中、おめおめ駐日中国大使館の程永華大使他、中国大使館員と一緒にゴルフを楽しんだ4人の民主党議員を報道しました。 J-CASTニュースです。 「民主議員、中国側にゴルフ代立て替…

◇長島氏と松原氏、議員116人の役立たず声明

この菅政権の動きに対し、民主党内で保守と称される二人の議員が動きを見せています。長島昭久氏(衆・東京21区)と松原仁氏(衆・東京3区)です。ともに産経新聞です。 【中国人船長釈放】「尖閣周辺で日米共同軍事演習を」」民主党の長島前防衛政務官ら43人…

◇仙石官房長官フル稼働。那覇地検に全てをおしつけるの巻

この事件で最も大きな問題は、当初は日本の国内法に基づき粛々と対応するとしていたのに、いとも簡単に那覇地方検察庁が釈放の判断をしたことです。 もう一つの問題は、逮捕当日の9月8日には、検察側からビデオが官邸に提出されていたのですが、官邸側が「テ…

◇レアアース輸出停止とフジタ社員拘束

中国は、日本を揺さぶる手として「レアアースの対日米禁輸」を表明します。アメリカが対象になっているのは、前日のクリントン国務長官の「尖閣諸島は日米安保条約の適応範囲」との発言に反応しているのでしょう。AFP通信です。 中国がレアアース対日輸出を…

◇中国船長の逮捕と釈放までの詰将棋

2010年9月7日、尖閣諸島北西の海域(日本領海)をパトロール中の海上保安庁の巡視船「みずき」が、不法に操業していた中国籍の漁船を発見、日本領海からの退去を命じたところ、漁船は逃走し追跡する2隻の巡視船に衝突。海上保安庁は、船長を公務執行妨害で逮…

■尖閣諸島中国漁船衝突事件

この衝撃的な事件ほど、民主党政権の無能さと土下座外交ぶりを象徴する事件はないでしょう。危機管理の欠如、中国への屈服、情報管理の欠陥、事なかれ主義、人のせいにする、ウソをつく、情報を隠蔽する、仕事しているふりするパフォーマンス・・・およそ民…