民主党政権3年3か月の研究

悪夢でした。二度と政権をとらせてはいけません。だから記録します。

06:菅内閣③-c:官邸を闊歩する怪しい面々

◇まだまだあった「いやがらせ」人事

千葉景子法務大臣、岡崎トミ子国家公安委員長、山岡賢次拉致担当大臣・消費者担当大臣・・・これらの人事は、国民にとっていやがらせというか悪意があると言っても過言でないと思います。サヨクや他国、自分たちのお友達のために便宜を図り日本国を毀損する…

◇「あなただけは駄目だ!」マルチ山岡

さらに怪しい人事がもう一つあります。野田内閣における国家公安委員長兼拉致問題担当大臣への、マルチ商法に関連疑惑のある山岡賢次氏(衆・栃木4区)の就任です。 この山岡氏の拉致問題担当大臣就任に関して、自民党の三原じゅん子氏(参・比例神奈川県選…

◇冗談?岡崎トミ子国家公安委員長

まずは、写真をご覧ください。2003年ソウルの大使館前で反日デモに参加する岡崎トミ子氏(参・宮城県選挙区)です。千葉氏同様、社会党、社民党から民主党に来たバリバリのサヨクです。反日団体を見張り、取り締まる役の国家公安委員会のトップにに、よりに…

◇千葉景子法務大臣と悪夢の法案

初代内閣安全保障室長の佐々淳行氏(故人)が、外国人参政権反対を訴えるビデオで、法務大臣の千葉景子氏(参・神奈川県選挙区)、菅氏、仙谷氏に関して、こう語っています。 「菅直人、仙石由人、千葉景子は、いずれも過激派全共闘のリーダーだった!」 www…

■官邸を闊歩する怪しい面々

「コンクリートからお友達へ」の章で政権交代時に民主党は、内閣官房専門調査員として民主党職員27人を国家公務員待遇で迎え入れ、菅政権では平田オリザ氏など多くのお友達を内閣官房参与として厚遇しています。 内閣官房参与、計9人に 首相らの友人相次ぎ起…