民主党政権3年3か月の研究

悪夢でした。二度と政権をとらせてはいけません。だから記録します。

■野田内閣の顔ぶれ

野田内閣は、代表選での恩を感じてなのか?前原グループや鹿野グループに手厚い人事になっています。小沢グループは排除され、代表選に立候補した海江田氏と馬淵氏の姿は、ここにありません。

f:id:hate_88moshi:20190227210721p:plain
■野田内閣の閣僚  (2011年9月2日発足当時)
職名 氏名 備考
内閣総理大臣 野田 佳彦   衆院 千葉4区
財務大臣 安住 淳   衆院 宮城5区
総務大臣
内閣府特命担当(地域主権推進、沖縄及び北方対策)
地域活性化担当
川端 達夫    衆院 滋賀1区
法務大臣 平岡 秀夫   衆院 山口2区
外務大臣 玄葉 光一郎   衆院 福島3区
文部科学大臣 中川 正春   衆院 三重2区
厚生労働大臣 小宮山 洋子   衆院 東京6区
農林水産大臣 鹿野 道彦   衆院 山形1区
経済産業大臣 原子力経済被害担当 鉢呂 吉雄   衆院 北海道4区
国土交通大臣 海洋政策担当 前田 武志   参院 比例区
環境大臣
内閣府特命担当(原子力損害賠償支援機構原子力行政)
原発事故の収束及び再発防止担当
細野 豪志   衆院 静岡5区
防衛大臣 一川 保夫   参院 石川県
選挙区
内閣官房長官 藤村 修   衆院 大阪7区
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当(消費者及び食品安全) 拉致問題担当
山岡 賢次   衆院 栃木4区
内閣府特命担当(防災) 東日本大震災復興対策担当 平野達男   参院 岩手県
選挙区
内閣府特命担当(少子化対策男女共同参画
  「新しい公共」、行政刷新) 公務員制度改革担当
村田 蓮舫   参院 東京都
選挙区
内閣府特命担当 (金融) 郵政改革担当  自見 庄三郎日本新党)   衆院 福岡10区
内閣府特命担当(経済財政政策、科学技術政策)
社会保障・税一体改革担当 国家戦略担当 宇宙開発担当
古川 元久   衆院 愛知2区

個人的に目立った人事を紹介します。 

官房長官は、藤村修氏(衆・大阪7区)が就任します。安定感があり、野田政権を最後まで支える

ことになります。

財務大臣に、安住淳氏(衆・宮城5区)。暴言大魔王のちびっこギャングの世間知らずが財務大臣の重責です。またまたチョンボをいろいろ見せてくれます。→関連記事

外務大臣に、玄葉光一郎氏(衆・福島3区)。野田政権最後まで外務大臣を務めます。

国家公安委員長内閣府特命担当大臣・消費者及び食品安全担当、拉致問題担当大臣に、山岡賢次氏(衆・栃木4区)。マルチ商法に関わり、パチンコ業界との癒着が疑われるダーティーな議員がこの職です。世論とかけ離れた人事のセンスが信じられません。→関連記事

厚生労働大臣に、小宮山洋子氏(衆・東京6区)。夫婦別姓賛成サヨクです。

環境大臣に、細野豪志氏(衆・静岡5区)。原発関連で活躍の細野氏、モナさんとの不倫が有名。→関連記事

防衛大臣に、一川保夫氏(参・石川県選挙区)。大臣職を舐めた失言ですぐに消えます。

経済産業大臣に、鉢呂吉雄氏(衆・北海道4区)。同じく失言ですぐに去ります。

農林水産大臣に、鹿野道彦(衆・山形1区)。前政権から留任です。代表選協力のおかげ?

国土交通大臣海洋政策担当大臣に、前田武志氏(参・比例区)。鹿野グループからの入閣です。

蓮舫氏が内閣府特命担当大臣・行政刷新担当・「新しい公共」担当・少子化対策担当・男女共同参画担当、公務員制度改革担当大臣に就任しています。

 

一方、党の執行部は以下の通りです。

f:id:hate_88moshi:20190227212338p:plain
■野田内閣時の党三役 (2011年9月2日発足当時)
職名 氏名 備考
代表 野田 佳彦   衆院 千葉4区
代表代行 なし  
幹事長 輿石 東   参院 山梨県選挙区
政調会長 前原 誠司    衆院 京都2区
国対委員長 平野 博文   衆院 大阪11区

党の幹事長は輿石東氏(参・山梨県選挙区)が就任、政務会長に前原誠司氏(衆・京都2区)、国対委員長平野博文(衆・大阪11区)が就任しました。

老獪な輿石氏、失脚してもゾンビのようにたちあがってくる前原氏、経験豊富な平野氏が党を切り盛りすることになり、危なっかしい野田政権にあれこれ口を出し影響力が大きくなります。小沢グループのご機嫌取りも、党としての大きな課題となりました。

 

野田政権は、この後1年余のうちに3回の内閣改造を行います。その間に問責を受けたり、失言、不祥事で辞める議員も続出です。山岡氏を拉致問題担当大臣に任命するなど、その人事センスが世論とかけ離れているのがその原因でしょう。どじょう総理の人を見る目がないとしか言いようがありません。

次へ→  目次へ→