民主党政権3年3か月の研究

悪夢でした。二度と政権をとらせてはいけません。だから記録します。

■震災:初動の遅れ

日本大震災、この震災の最大の不幸は、民主党政権だったこと。私はそう断言します。

f:id:hate_88moshi:20190208191646p:plain

外国人献金問題で窮地に追い込まれていた菅総理は「俺が救国のヒーローになるんだ!」と俄然張り切ります。枝野幹事長、蓮舫氏、民主党の大臣たちが「私達が日本を救うのよ。そして支持率アップ」と自己アピールにフル稼働をはじめるのです。

現場で何が起こって何が必要とされていることよりも、自分たちのこと、自分たちの評判、自分たちのテレビ映りを優先したこと、これが全てだったと。私は確信しています。

民主党のみなさまは、自分が目立つ、何か国民にアピールできることへの嗅覚はピカイチですから、この震災をチャンスと捉えて張り切りだすのです。能力がないのに「僕はは原発に詳しい」と出しゃばっては現場の邪魔をする。「ただちに影響はない」と科学的データを隠蔽して国民を混乱に陥れる。民主党に至ってはわざわざ作業服を新調してマスコミ対応に備える始末です。この辺は、後で一つずつ明らかにしていきます。

この非常事態に際して、政権を担当する大臣や政党が「俺が」「私が」と手柄をたてようと躍起になるのです。無能なくせに・・・。

だから、初動が遅れたと言われているのです。

いや、違います。初動から方向が間違っていた、線路を外れていたのです。

これが、この悲劇の根源の全てです。

次へ→   目次へ→