民主党政権3年3か月の研究

悪夢でした。二度と政権をとらせてはいけません。だから記録します。

08:野田内閣②-g:石原都知事の尖閣購入宣言と国有化

◇もう一人の売国奴・丹羽宇一郎中国大使

「実行されれば日中関係に重大な危機をもたらすことになる」 石原氏の尖閣購入に対し、反対表明をした人がいました。駐中国大使の丹羽宇一郎氏です。丹羽氏は元伊藤忠商事の商社マン、中国ビジネスべったりの中国を知り尽くした男として、菅政権の誕生時に駐…

◇尖閣警備と岡田副総理

尖閣諸島国有化以降、中国本土では日本企業に対するデモが相次ぎ、尖閣諸島周辺海域には次々と中国海軍の艦艇が挑発に侵入してきていました。 「竹島は不法占拠されている」と口にできなかった鳩山政権で外務大臣の岡田氏。野田政権では副総理として、国有化…

◇中国に阿る尖閣国有化

この石原氏の行動に焦ったのが野田政権でした。島に新しい漁礁や灯台、船溜まりなどをつくり実績化してしまうと中国のご機嫌を損ねるとして、国有化に走ります。地権者と年間2,450万円で賃借契約を結んでいた魚釣島、北小島、南小島の3島を総額20億5千万円で…

◇寄付に約14億8000万円

「この寄附金は、尖閣諸島の購入・活用のためにあてさせていただきます。」 2012年4月27日東京都のホームページに尖閣諸島購入のための寄付金を募るサイトがオープンします。 石原都知事が決めても、使うのは都民の税金です。当時の副知事・猪瀬直樹氏の助言…

■石原都知事の尖閣購入宣言と国有化

きっかけはこの人でした。石原慎太郎東京都知事。頻繁に繰り返される中国政府による領海侵犯と尖閣諸島中国漁船衝突事件に業を煮やした石原氏が、埼玉県在住で尖閣諸島の5島のうち魚釣島、北小島、南小島を所有し、国と島の賃貸契約を結んでいた地権者の男性…